それでは、早速経歴から見ていきましょう!

堀江貴文(ホリエモン)の経歴

生い立ち

1972年10月29日、福岡県南部の山間部に位置する八女市に長男として生まれました。

5歳の頃のある日、堀江氏は百科事典を読むことに熱中することになったそうです。

百科事典を読むことに熱中するって、やっぱ天才はどこか違いますね。

中学時代

県で一番の進学校である久留米大学附設中学校に合格しました。そして、中学に上がるのと前後してコンピュータと出会ったのです。

どんどんパソコンにのめり込んでいった堀江氏は、通常のスペックでは物足らず、よりハイスペックであった『PC-8801mkⅡFR』を購入しました。

この購入資金は、親に20万円の借金をし新聞配達をすることで返済したそうです。

ただあまりにものめり込んでしまったせいで、入学時はトップ10だった成績が学年最下位近くまで下がってしまったそうです。

しかし当時のパソコンを取り巻く環境はまだまだで、その環境に幻滅してしまい一時期インターネットの世界とは距離を取るようになったそうです。

東大受験

同級生の多くが、地元の国立大九州大学への進学を考えていたが、実家からの通学が強制されるかも知れないと考え東京大学に受験することを決意

受験勉強は英単語帳を隅から隅まで、派生語や例文も含めてすべての文言を丸暗記することでセンター模試で9割以上の正解率になり、結果的に現役で東京大学に合格したそうです。

とんでもない学習方法ですね。

東大時代

意外かも知れませんが、堀江氏は学生時代に競馬にはまっていたそうです。しかも本気で馬券で食って行こうとも思っていたそうです。

しかし、それだけでは流石に行けないなと思ったらしくPC関連のアルバイトをすることにしました。

特にIT業界に興味があったというわけでもなく、流れでそういう風な仕事をしたそうです。

しかしこれが堀江氏の人生を大きく変えました。

中学生時代にPCを触っていた経験から、めきめきとスキルを伸ばしインターネットという物に魅了されていきました。

これがきっかけでのちのライブドアを作ったそうです。

オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)の設立

後のライブドア『オン・ザ・エッヂ』を設立しました。

この時、大学4年生です。

大学には欠席を続けていると勝手に除籍処分となったらしく、いつの間にか退学していたそうです。なんとも無頓着というか、大胆というか凄いですね。

この時の創業は4人程で、そのうちの創業メンバーの一人の父親から600万円の資金を借りたそうです。

事業内容は、ホームページの制作や運営管理で当時はまだまだサイト制作などを行なっている会社がなく非常に珍しかったそうです。

ネットバブルの影響もあり、2000年4月に売上高2億5000万円で東証マザーズに上場

さらに2002年、経営破綻した旧ライブドア社から営業権を取得した上で、ライブドアへ社名を変更しました。

企業買収を繰り返し成長

ライブドアは、企業買収を繰り返すことで企業価値を高めていき拡大していきました。

特に現金で買収するというよりは株式交換により手元の現金を使わずに買収するという手法を好んで利用していました。

ただ結果的にこの手法の延長線上で粉飾を行なってしまい逮捕されてしまいました。

時期 会社名 形態 業界 買収額(億円)
1999年11月 フープス JV 無料Webページ
2001年9月 フープス 売却 無料Webページ
2001年12月 パイナップルサーバーサービス 買収 サイト制作
2002年3月 アットサーバー 買収 レンタルサーバー
2002年6月 アスキーイーシー 買収 EC
2002年6月 スプートニク 買収 ASP
2002年7月 AD4Portal 買収
2002年8月 ビットキャット 買収 ISP
2002年8月 ビットキャットコミュニケーションズ 買収 ISP
2002年9月 プロジーグループ 買収 ソフトウェア
2002年11月 ライブドア 買収 ISP 1.2
2003年3月 ビットキャッシュ 買収 決済 0.14
2003年3月 イーエックスマーケティング JV CRM
2003年5月 バカボンド 買収 リサーチ
2003年10月 イーバンク銀行 資本参加 銀行
2004年3月 クラサワコミュニケーションズ 買収 携帯販売店 8
2004年3月 ウェブキャッシング・ドットコム 買収 金融仲介
2004年3月 トライン 買収 人材派遣
2004年3月 バリュークリックジャパン 買収 広告 25.42
2004年3月 日本グローバル証券 買収 証券 39.88
2004年3月 ABS 買収 貸金
2004年5月 ターボリナックス 買収 OS 13.5
2004年6月 テントラー・コミュニケーションズ 買収 携帯販売店 0.6
2004年6月 Mail Creations 買収 広告 6.3
2004年7月 「JBBS@したらば」 買収 掲示板 1
2004年7月 ジェイ・リスティング 買収 広告 3.5
2004年8月 アルチェ 買収 メディア 1.63
2004年9月 セッション 買収 画像変換
2004年9月 「AAA!CAFE」 買収 掲示板
2004年9月 サイバーアソシエイツ 買収 メールシステム
2004年9月 キューズ・ネット 買収 結婚仲介
2004年10月 Myrice 買収 広告
2004年10月 イーバンク銀行 売却 銀行
2004年10月 ロイヤル信販 買収 貸金
2004年11月 弥生 買収 会計 130
2004年12月 ワイワイシー 買収
2005年1月 エイシス 買収
2005年2月 ミクプランニング 買収 マーケティング 15.67
2005年2月 ベストリザーブ 買収 旅行予約
2005年2月 ライフドアパブリッシング JV 出版
2005年3月 西京ライブドア銀行 JV 銀行
2005年5月 ライブドアパートナーズ 売却 670
2005年6月 日商岩井フューチャーズ 買収 先物 20
2005年7月 ビュー・ジャパン 買収
2005年7月 ネクストステップ 買収
2005年7月 ワークアウト債権回収 買収 債権回収
2005年9月 ジャック・ホールディングス 買収 自動車買取
2005年9月 ターボナリックス IPO サーバー・クライアントOS
2005年10月 ClickDiario 買収 メディア 10.5
2005年10月 セシール 買収 カタログ通販 103.82
2005年11月 Innovation Interactive 買収 広告
2005年11月 360i 買収
2005年11月 eXact Advertising 買収
2005年11月 Exact Serch 買収
2005年12月 メデイアエクスチェンジ 買収
2005年12月 ダイナシティ 資本参加 不動産
2005年12月 ゼロ・ゼウス 買収 決済 109.93
2006年1月 ジャック・フランチャイズ・ステーション 売却
2006年3月 ライブドアドリームテクノロジー 売却

引用:https://strainer.jp/notes/1575

球団買収計画と失敗

2004年に経営難でオリックス・ブルーウェーブ(現:オリックス・バファローズ)との合併が決定されたプロ野球球団、大阪近鉄バファローズ買収を申し出ました。

しかし、買収の申し出は拒否されてしまいます。

この時のことを堀江氏は後に、しくじり先生で『大物への挨拶が無かったため断られた』と語っています。

買収が断られただけで引き下がる堀江氏ではありません。

買収できないのであれば、作ってしまえと東北に新球団の設立を考案します。

しかしながら、楽天が名乗りを上げ結果的に楽天は球団参入を認められ堀江氏は認められませんでした。

楽天の三木谷氏は、元銀行マンと常識があったのに対して時代の風雲児と言われた堀江氏とではお固い楽天の方が選ばれたのかも知れませんね。

ちなみにですが、ソフトバンクがプロ野球界に参入する際にも大物への挨拶を行なっています。

詳しくは、ソフトバンク孫正義の300年帝国という本をご覧ください。

ニッポン放送買収計画

2005年2月、自身が社長を務めるライブドアがニッポン放送の株を35%取得、同社最大株主となりました。

その後2月21日現在ニッポン放送株を40.1%取得しましたが、2005年4月、ライブドアの所有するニッポン放送株式全てをフジテレビジョンが取得したことで、買収は失敗しました。

この時、堀江氏は今のネットフリックスのような課金によるネットテレビを考えていたそうです。

もし買収が成功していたら、日本からネットフリックスのようなサービスが生まれていたかも知れませんね。

総選挙への出馬と落選

色々あり2005年には、総理大臣になろうと考え、選挙に出ることとしました。

とんでもない考えですよね。

しかもその総理大臣になるという野望を実現するために、亀井静香(当時自民党を離党し国民新党所属)の選挙区である広島6区(尾道市、三原市など)で立候補し、その後自民党に入り派閥を作り総理になるという道筋まで立てていたからには驚きです。

ただ、惜しくも選挙には敗れてしまい実現することはありませんでした。

堀江貴文(ホリエモン)の逮捕

証券取引法違反容疑による逮捕から、起訴され懲役2年6か月の実刑が確定しました。

この判決が妥当かどうかは不明ですが、当時の世論や上からの圧力があったことはほぼ間違いないと考えていいと思います。

証券取引法違反でいきなり実刑をくらうことや、堀江氏以外が無罪で放置されたことなど非常に不可解な判決でした。

出所後の活動

メルマガ、堀江貴文イノベーション大学校、本の出版、テレビ出演、Youtube、ベンチャー企業への出資、宇宙事業などなど非常に多岐にわたる活動を行なっている。

堀江貴文(ホリエモン)の資産

一時期は、数千億円という資産を築いた堀江氏でしたがライブドア事件により資産の99%を失ってしまいます。

また資産の大半がライブドア株だったということもあり、ほぼゼロになったような形になりました。

ただ現在では、様々な活動を通して収入があるのである程度はあるのではないかと思われます。

しかし、様々なインタビューで手持ちのお金はほとんど持たない全て使ってしまうと言ってるため貯金がたくさんあるわけではなさそうです。

宇宙事業や、ベンチャー投資には非常に多くの資金が必要となるため実際にあったとしても100億円程度ではないかと思われます。

ただ投資しているベンチャ企業が大きくなれば一気に資産が増える可能性があるためわかりません。

堀江貴文(ホリエモン)の名言

企業経営に一番大切なものはなんですかとたずねられると、いつも僕はこう答えています。ものごとをシンプルに考えること。シンプル イズ ザ ベストと。シンプルが一番ということは人類が長年の経験から得てきた教訓だと思う。多くの経営者は同じ質問を必要以上に難しく考えてしまうのです。

アイディアよりも圧倒的に大事なのは実行力だ。思いつきより、考えたことを努力して、形にした人が本当に評価されるのだ。本当の未来を切り拓くのは、アイディアを体系化できる能力を持った人だろう。

やりたいことを見つけることは、難しいことではないはずだと私は思う。極端な話をすれば、やりたいことが見つからないというのは、やれないと単純に思い込んでいるだけだ。

不安に対する一番の解決策は、とにかく忙しくなること。失敗したらどうするかを考えていても、意味はないし、たいしたものを持っていないあなたがゼロになることを、なぜ恐れるの?

堀江貴文(ホリエモン)の結婚歴と子供

実は、堀江氏は過去に結婚しており子供もいます。

結婚はいわゆるできちゃった婚だったそうですが、その後離婚し現在でも養育費を払っているそうです。

堀江貴文(ホリエモン)の発信活動

出所後は様々な発信活動を行なっています。今回はそれらをまとめてみました。

Twitter

主に発信した情報を知らせるために活用されています。

Youtube

堀江氏はYoutubeでは、時事ネタに関するコメントなどを発信しています!

 Instagram

主に食事などのグルメ関連について投稿しています。

ブログ

様々なことに関して発信しています。ブログで発信していることもありますが、より詳しい内容はメルマガに登録しなければ見れません。

引用:horiemon.com

メルマガ

月額864円にてメルマガを配信しています。

様々な媒体で購読することが出来ます。

購読ページはこちら

引用:https://horiemon.com/magazine/

堀江貴文イノベーション大学校

月額11,000円のオンラインサロンです。

詳細はこちら

引用:堀江貴文イノベーション大学校

まとめ

今回は、堀江貴文氏ことホリエモンについてご紹介しました。

非常に多くの書籍を出しているなど超有名人から学ぶことは多いはずです。

ぜひ気になった一冊を手にとってみてください!

関連する書籍は、今後追加予定です。