岩田聡氏の経歴や生い立ち

岩田氏は老舗ソフトハウスHAL研究所の創業メンバーであり、創業家以外から初めて抜擢された任天堂の社長にして、天才的な腕前を持ったプログラマーです。

岩田氏の経歴や生い立ちについてご紹介します。

生い立ちからHAL研究所入社まで

岩田氏は1959年に北海道で生まれます。

父、弘志氏は室蘭市長も務めた政治家でした。

岩田氏は学生時代からプログラミングを独学で学んでおり、東京工業大学時代には西部池袋本店のパソコンコーナーへ毎日足を運ぶようになります。

西部池袋につとめていた店員がHAL研究所を立ち上げることとなり、岩田氏ははじめアルバイトとして就業します。

そこでプログラミングに熱中し、大学卒業後、そのまま同社へ就職することとなります。

東工大まで卒業して、零細ベンチャーへ就業するとなって、父の弘志氏からは大きな反対があったと言います。

HAL研究所での天才プログラマーから経営に携わる

岩田氏は新卒で入社したHAL研究所でゲーム開発のプログラマーとしていかんなく実力を発揮します。

HAL研究所や任天堂と共同で仕事を進めており、初期のスーパーファミコンの作品には岩田氏も大きく携わっています。

「ピンボール」「ゴルフ」「バルーンファイト」など初期ファミコンでの名作ばかりで、その技術はスーパーマリオブラザーズの作品にも活かされました。

その後、HAL研究所は不動産投資に失敗し、15億円とも言われる負債を抱えることとなります。

任天堂の山内溥氏から、当時取締役開発部長であった岩田氏を社長に据えるのであれば支援してもよい、という話から、同社の社長へ就任することとなります。

プログラマーとしても天才的な技術を持っていた岩田氏でしたが、経営は初めての挑戦でした。

しかし、そちらへも才能があり、15億円あった負債を6年間で返済する活躍を見せます

ちなみにその時期には現在でも派生作品も多数出ている「星のカービィ」を生み出しています。

任天堂へ入社

2000年に当時任天堂社長だった山内溥氏にその経営手腕を買われて、経営企画室長として入社をします。

任天堂へ入社後も大乱闘スマッシュブラザーズポケットモンスター金銀などメガヒット商品の開発に携わりました。

入社2年目には山内氏から指名を受けて代表取締役社長へ異例の抜擢をされます。

それまで任天堂は創業家一族が代々社長を務めていたこともあり、同社に取っても大きな変革期に当たりました。

社長就任後は「ゲーム人口の増加」を基本戦略に、ニンテンドーDSやWiiなどハード、ソフト両面での開発を強化していきます。

2014年に胆管腫瘍が見つかり、静養。

翌2015年に容体が急変して、社長在任中に亡くなってしまいます。

まだ55歳と今後の活躍も期待されていた中での突然の訃報でした。

岩田聡氏の逸話

岩田氏は天才的なプログラマーであり、それをあらわすエピソードが多数存在します。

その中の一部をご紹介します。

高校生の時にHP社へゲームを送る

岩田氏は高校生の時にヒューレット・パッカーズ社の電子計算機「HP-65」を用いて、独学でゲームを開発します。

なんとこれを同社へ送ったところ、あまりに完成度が高く、追加で器材をプレゼントされたそうです

今あるプログラムを使うと完成まで2年かかります。ですが私が一から作れば1年で出来ます。

これは開発中止まで検討されていた「MOTHER2」のプロジェクトへジョインした際の言葉です。

当時、開発を4年ほど続けていた案件ですが、満足に動かすこともできていない状態でした。

チームメンバーもその時代で実力がある技術者だったはずですが、岩田氏の提案通りにやってみると、ひと月で画面が動き、1年で完成まで持っていくことができたそうです。

まさに天才と言えるエピソードですね。

岩田聡氏の名言

私は任天堂の社長をやってますけど、絵は描けませんし、作曲ができるわけでもない。立場上私は上司で社員は部下かもしれませんが、ひとりひとりの社員は私のできないことを専門的にやっている人たちであるともいえます。そういう人たちに対して、私は非常に敬意を持っているんです。

私の名刺には社長と書いてありますが、頭の中はゲーム開発者です。心はゲーマーです。

携帯電話で遊べるゲームと大差ないものしか出せなければ負けるわけです。携帯電話はもう必需品のように皆さまお持ちなのですから。圧倒的に面白いと思ってもらえなければ、不便な思いをしてまで別のハードを買ってもらえません。

まとめ

岩田氏をご紹介しました。

岩田氏は任天堂初の創業家以外の経営者であり、天才的なプログラマーでした。

ご自身もゲーマーとしての自負をもっており、技術者としても大成した人物です。

携帯ゲームがシェアを取っていくなかで、ハードのあるゲーム機でも健闘していた任天堂の舵をきっていたことからも経営手腕も高いものがありますね。

55歳で亡くなられてしまったことが悔やまれます。

岩田聡に関する書籍

  • ゲーム界のトップに立った天才プログラマー 岩田聡の原点: 高校同期生26人の証言

    天才プログラマーと呼ばれた 前任天堂社長の故岩田聡は、 パソコンすらなかった1975年代の半ばに どのようにコンピューターと出会い、 プログラミングを学んだのか? 同期生26人の証言をもとに描いた 高校時代の学校での日常や、 幻の「電卓野球ゲーム」から その原点にせまるノンフィクション。
    ¥690(税込)